【斬新】英語学習に役立つ書籍3選

英語全般

こんにちは(^_^)

 

本日は英語学習に役立つ書籍3選の紹介をします。

 

これらは英語学習そのものを紹介しているのではなく

英語学習をするにあたって大切な考え方が書かれています。

 

私の運営するブログ「ろんり英語」では

英語力向上に必要な力は「論理的思考力」と「実行力」

であると繰り返し述べています。

 

私自身、本日紹介する本から

そのヒントを得ることができました。

 

英語を学習するみなさんも

より効果的な英語学習アプローチをするために

是非参考にしてみて下さい。

 

それでは早速いきましょう!

 

 

【1】

「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」

著者:グレッグ・マキューン

訳 :高橋 璃子

 

 

私は英語力を伸ばすために必要な力は

「論理的思考力」であると信じています。

 

そしてこの書籍の中には

論理的に物事にアプローチしていく重要性や

その方法が普遍的な内容で記載されています。

 

一見、英語学習に関係ないのでは?

とお感じになるかもしれません。

 

しかし、全くそんなことはありません。

 

本書籍で「エッセンシャル思考」を理解し

自身の英語学習の進め方の参考にしてみて下さい。

 

最短距離で成果に結びつける

アプローチのヒントを教えてくれるはずです。

 

 

【2】

「戦略を、実行できる組織、実行できない組織。」

著者:クリス・マチェズニー/ショーン・コヴィー/ジム・ヒューリング

訳 :フランクリン・コヴィー・ジャパン

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦略を、実行できる組織、実行できない組織。 [ クリス・マチェズニー ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/2/7時点)

楽天で購入

 

 

どんなに優秀な戦略を立てられても

「実行力」が伴わなければ意味がありません。

 

英語学習に限らずですが

行動をともなってこそ初めて成果につながります。

 

この本からは

実行するために必要な仕組み作りを学べます。

 

「組織」となっていますが

当然「個人」にも当てはまる内容です。

 

加えて

内容も仕事における成果についてですが

個人の自己研鑽(例:英語学習)についても当然当てはまります。

 

本書を通して英語学習を

確実に「実行」できる仕組みを整えて下さい。

 

 

【3】

「この国を出よ」

著者: 大前 研一/柳井 正

 

これは名著ですね。

 

私自身が海外挑戦を決意できた本です。

 

ここまで「論理的思考力」「実行力」

重要性について話してきていますが

 

やはり1番大切なのは

「英語を学習する目的」を明確にすることです。

 

海外に住み、外国人と仕事をする。

会話も会議もプレゼンも、英語の環境でやっていく。

 

私は上記の姿(目的)をイメージし、英語学習に取り組んでいます。

 

そのきっかけ、内なる動機を与えてくれたのが

「この国を出よ」という書籍でした。

 

当時、新幹線の中でこの本を読んでいて

闘志が燃え上がるような気分になったことを覚えています。

 

自分オリジナルの

「英語学習をする目的」を定め

「論理的思考力」と「実行力」を用いて

なりたい姿に近づいていきましょう。

 

明確な目的がないままでは、突き進めません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

世の中は様々な英語学習本で溢れていますが

 

このようなビジネス本からも

多くの英語学習のヒントを得ることができます。

 

英語学習をそれ単体として考えるのではなく

 

英語にも、仕事にも、人生にも共通する

「本質的に重要なこと」を理解することで

1人の人間としてグッと成長できるのではないでしょうか?

 

もし気になる本がありましたら

ぜひ自己投資の一環として読んでみて下さい。

 

関連記事のリンクも貼っておきますので

こちらも合わせて読んでもらえると嬉しいです(^_^)

 

単なる英語学習はもう終わりにしましょう
こんにちは(^_^) 本日は英語学習者の皆様に 勇気を与える内容を書きたいと思います。 「海外経験ないし...」 「帰国子女じゃないし...」 「英語を使う環境にいないし...」 ...

 

それでは本日はこの辺で終わりにします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました