【直前必見】英検1級一次試験 合格への最短距離

英語全般

今日もお疲れ様です(^_^)

 

今週日曜日は英検ですね。

ということで本日からは

英検関連の記事をアップします。

 

実際の合格者として強く思いますが

英検1級合格には近道があります。

 

まず、英検1級の最大の山場は

「リーディングの語彙問題」です。

 

リーディング問題は全41問ありますが

そのうち25問が語彙問題です。

 

単純計算で、この25問全問正解すれば

60%超の正答数を確保できます。

 

ちなみに英検1級一次試験合格の正答率の目安は

各技能で約70%と言われています。

 

語彙問題で得点を伸ばせれば

あとの長文読解は気楽に臨めると思います。

 

そのためには語彙対策が欠かせません。

でる順パス単を用いた中長期的な対策が必要です。

 

そんなの試験の数日前に言われても…

という方向けに朗報です。

 

英検1級一次試験の突破のために

即効性のある対策を紹介します。

 

それはライティング対策です。

 

先ほど英検1級一次試験合格の正答率の目安は

各技能で約70%と言いました。

 

しかし、実際は

「得点が高い技能のある方が有利」です。

 

【パターンA】でこぼこタイプ

リーディング:70%

リスニング   :60%

ライティング:80%

 

【パターンB】均等タイプ

リーディング:70%

リスニング   :70%

ライティング:70%

 

上記の場合

いずれも合計70%の正答率ですが

合格する可能性が高いのは

パターンA(=でこぼこタイプ)でしょう。

 

これは英検1級にCSEスコアが用いられていて

単純な正答数で評価されないためです。

 

得点率が高いほど

高CSEスコアが出る仕組みのようです。

 

細かいことは省略しますが

「苦手な分野よりも得意な技能を伸ばすのが得策」

ということになります。

 

ちなみに私は

 

リーディング:71%

リスニング :59%(涙)

ライティング:94%

 

上記のような感じで合格しています。

 

一次試験の合格基準スコアは2028ですが

比較的余裕のある2098を取得できました。

 

リーディングは何とか耐え

リスニングは撃沈したが

ライティングで挽回した。

 

という感じです(^_^)笑

 

そして最後の数日で

飛躍的に得点を伸ばせるのが

ライティングです。

 

ライティングの書き方については

過去の記事でまとめているので

もし宜しければ覗いてみてください(^_^)

 

英検1級ライティングの攻略法
英検1級一次試験合格のためには語彙対策が圧倒的に必要だと、以前紹介しました。 一方で、英検1級一次試験において、もっとも得点源にすべきはライティングです。 なぜなら、ライティングで高得点を取るための近道は確立され...

 

【保存版】英検1級ライティング 「理由」の書き方
英検1級のライティングにおいては、「自分の立場(賛成 or 反対)」「理由3点」「再度自分の立場」という構成にて記述することが、高得点への近道となります。 本日は「理由3点」の部分について、書き方を紹介してみようと思います。 ...

 

このブログでは

これまでの私の英語学習経験や

ささやかな英語学習アドバイスを

2分で読める内容でシェアしていきます。

 

【本日のまとめ】

●英検1級の最大の難関は語彙である

●一次試験は「得意分野」を伸ばすべき

●特にライティングはすぐに得点を伸ばせる

コメント

タイトルとURLをコピーしました