【英検直前】長期記憶を信じよう

英語全般

こんばんは(^_^)

今日はようやく金曜日です。

今週もお疲れ様でした。。。

 

さて

本日は私の考える

「短期記憶と長期記憶の違い」

について整理してみたいと思います。

 

まず結論から話すと以下の通りです。

 

短期記憶=目で覚える

長期記憶=心で覚える

 

具体例を挙げて話すと

例えば学校でやった小テスト

あれ完全に短期記憶での戦いです。

直前の追い込みで覚えますよね。笑

そしてすぐに忘れます。。。

視力検査の延長線上にあるかもですね。

 

そして長期記憶の例は

英検やTOEICなどの資格試験です。

これらは直前の追い込みよりも

中長期的な学習や経験から得たものを

試験当日に発揮するというイメージですよね。

直前に確認した単語が出るラッキーな場面もありますが

大方はこれまでの積み重ね、すなはち

「間違えた悔しさ」「ようやくできた感動」

これらがきっかけとなっているはずです。

 

何が言いたいかと言うと

資格試験のために積み重ねていることは

確実に自分の力となっているということです。

 

試験当日は緊張もありますし

想定外のトラブルもあるかと思います。

 

でも、これまでの積み重ねに自信を持って

思い切って向き合うことが

成功への秘訣だと私は思います(^_^)

 

このブログでは

これまでの私の英語学習経験や

ささやかな英語学習アドバイスを

2分で読める内容でシェアしていきます。

 

【本日のまとめ】

●記憶には「短期記憶」と「長期記憶」がある

●資格試験は自分の長期記憶の方を信じて戦おう

コメント

タイトルとURLをコピーしました