社会人が英語学習を継続する秘訣

英語全般

こんばんは(^_^)

連休明けの初日は疲れますね。。。

 

社会人となると

学生時代と比べて時間無いですよね。

 

社会人になるということは

様々なことに「責任」が伴います。

 

日々

緊急性が高くかつ重要性も高い

イベントが頻繁に発生します。

 

一方で英語は

重要性は高いけれども緊急性は低い

イベントと言えます。

 

英語学習を辞めたからと言って

誰に迷惑をかけるわけでもないです。

 

仕事等で発生するイベントは

会社や顧客にとって大切なことなので

決してほったらかしにはできませんよね。

 

そのような状況の中で

「毎日英語学習を続ける」

ということは大変難しいことです。

 

しかし私は

365日英語学習を継続しています。

 

理由は

「継続するための仕組み」

ができているためです。

 

その仕組みとは

「英語学習開始のタイミング」

をあらかじめ決めておくことです。

 

【タイミング①】勤務前

基本的に勤務開始は9:00です。

始業1時間前の8:00から15分間は

シャドーイングの時間と決めています。

 

【タイミング②】終業直後

終業時刻はバラツキがあります。

18時の日もあれば、20時の日もあります。

ゆえに、「終業と同時にシャドーイング」

とルールを決めています。

例:20時終業なら、20時スタート

 

【タイミング③】湯船を溜めている時

15分間要するので

その時間をシャドーイングに当てます。

 

ポイントは

「やるかやらないか考える隙を無くす」

ということです。

 

開始時刻にこだわり過ぎると

どうしても多少のズレが生じて

やる気を無くしてしまう恐れがあります。

 

なので

「開始のタイミング」を決めましょう。

これであれば、日々変わることはありません。

毎日のルーティンワークですからね(^_^)

 

このブログでは

これまでの私の英語学習経験や

ささやかな英語学習アドバイスを

2分で読める内容でシェアしていきます。

 

【本日のまとめ】

●英語は緊急性は低いが重要性は高い

●学習の「開始時刻」ではなく

「開始のタイミング」を決めよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました