【英検1級一次試験】合格に必要なスコアは?私の実際のスコアも公開!

英検

英検1級一次試験を受けたが

合格するかどうか分からない。

このような心境の方は

多くいらっしゃると思います。

この記事では

合格に必要なスコアの目安と

私の実際のスコアを紹介します。

ちなみに私自身は

2020年度第2回検定にて

英検1級に合格しています。

二次試験対策に進もうかどうか

迷っている方の参考になれば嬉しいです。

一次試験合格に必要なスコア目安は?

まず結論からお話しをします。

英検1級一次試験合格のために

必要な合計スコアは

素点ベースで70%前後です。

素点とは、正解した問題の数です。

例えば、リーディングにて

語彙問題で1問正解しようが

長文問題で1問正解しようが

同じ1問の正解として扱われます。

長文問題の方が配点(重要度)が高い

などはありませんので安心して下さい。

リスニングも同様の考え方でOKです。

 

英検1級一次試験における

各セクションの概要と

合格目安は以下の通りです。

【リーディング】

問題数:41問(41点)

合格目安:29問(29点)

【リスニング】

問題数:27問(27点)

合格目安:19問(19点)

【ライティング】

問題数:1問(32点)

合格目安:?(23点)

 

ただし、これはあくまで目安です。

英検1級は正解数(素点)で

合否が決まるわけではありません。

素点がCSEスコアに換算されて

最終的な合否が決まります。

CSEスコアとは

統計を用いた採点方法で

各回の難易度差を調整する役割があります。

ある回ではめちゃくちゃ合格者が多くて

ある回ではめちゃくちゃ少ない…

なんてことにならないように

単純に素点で合否を決めるのではなく

上手く調整されているということですね。

 

英検1級一次試験における

CSEスコア合格基準は

「2028点」と明確に決められています。

この基準はどの回でも同じです。

各セクション毎のCSEスコアは

「850点」と一律に決められています。

英検1級一次試験では

2028点(2550点)で合格です。

ただし、繰り返しになりますが

CSEスコアは素点ベースで算出されますが

単純に「何問正解ならCSEスコア○○」

とはなりませんのでご注意ください。

私が合格した際のスコアを公開

私は2020年第二回検定にて

英検1級に合格しました。

私の素点とCSEスコアを公開します。

まず素点は以下のとおりです。

リーディング:29(71%)

リスニング:16(59%)

ライティング:30(94%)

自己採点の際に

おいおいリスニング。。。涙

と落ち込んだのをよく覚えています。

次にCSEスコアです。

リーディング:674

リスニング:638

ライティング:786

合計:2098 ※合格基準は2028

 

お分かりのとおり、私の場合

リーディングは、まずまず。

リスニングは、死亡。

ライティングで、起死回生。

このような感じで合格しました。

冒頭に素点ベースで70%が

合格の目安とお伝えしました。

各技能でバラツキがあっても

得意セクションで挽回できれば

合格の可能性は十分にあります。

 

英検1級一次試験は

得意セクションがあると有利です。

 

以下の2つをご覧ください。

【パターンA】でこぼこタイプ

リーディング:70%

リスニング:60%

ライティング:80%

【パターンB】均等タイプ

リーディング:70%

リスニング:70%

ライティング:70%

※( )は得点率

 

どちらも合計70%の正答率ですが

合格に近いのはパターンAです。

これは、得点率が高いほど

CSEスコアも上がりやすくなり、

たとえ得点率が低くても

そこまで大幅にCSEスコアは下がらない。

上記のようなCSEスコアの特徴が理由です。

ゆえに苦手分野を克服するよりも

得意分野を伸ばすことが得策の試験です。

二次試験対策をするべき理由

すでにご理解いただいた通り

英検1級一次試験では

素点のみでは合否を判断できません。

ライティングについては

素点すら分かりませんからね。

しかし、私としては

少し不安でも二次試験対策を

開始するべきだと思います。

理由は以下の2点です。

・一次試験の合格発表後では間に合わない

・ライティングで救われているケースがある

一次試験の合格発表後では間に合わない

一次試験の合格発表のあと

二次試験までほとんど時間がありません。

多くても約1ヶ月でしょうか。

せっかく一次試験に合格できても

準備不足なまま二次試験を受けることは

少々もったいない気がします。

準備している者に幸運は宿る。

一次試験の後すぐに対策を開始しましょう。

ライティングで救われているケースがある

リーディングとリスニングは

自己採点ができます。

しかしライティングはできない。

それが幸か不幸かは分かりませんが

ライティングで意外と高スコアが出る。

このような事態も起き得ると思います。

採点者も生身の人間です。

自分が必死の思いで書いた

文章の可能性を信じましょう。

 

ちなみに二次試験においても

効率的な対策方法があります。

こちらにもご興味のある方は

ぜひ過去の記事をご覧ください。

【英検1級二次試験】独学で合格するための対策方法を公開
英検1級二次試験に独学で合格することは可能です。私は2020年度第2回検定で英検1級に合格しました。※素点37点(40点満点)※SHORT SPEECHが10点、他各9点 この記事は私の体験談になります。受験経験は一度しかありませんが少しでも参考になれば嬉しいです。
【英検1級二次試験】ショートスピーチ対策方法
英検1級二次試験において、合格の鍵を握るショートスピーチ。この記事では、その対策方法について私の体験談を踏まえてご紹介します。私は2020年度第2回検定で、英検1級にストレートで合格しました。ショートスピーチは10点満点でした。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

英検1級一次試験では

全体スコア70%前後が

合格に必要なスコアだと思います。

そして私の場合

リスニングが50%台でも

ライティングで高スコアを取得し

合格することができました。

英検1級については

素点で合否は分かりませんが

二次試験に万全の体制で臨むため

すぐに対策を開始することを

強くおすすめしたいと思います。

二次試験の方こそ

準備が肝心ですので。

最後まで読んでいただきまして

本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました