英語学習が継続しない理由②

昨日に続き、英語学習が継続しない理由の2つ目を整理したいと思います。

英語学習が継続しない理由の2つ目、それは「英語学習は重要性が高いけれども、緊急性が低い」からです。

例えば仕事において、得意先から緊急の依頼があった場合は真っ先にその対応に迫られると思います。そうすると本来やろうとしていた予定をそのまま実行することは難しいですよね。

英語学習も一緒で、やろうやろうとは思っていても、日々様々なイベントが突発的に発生することで、後回しになり、多くの場合、結局実行できないケースが多いかと思います。

目の前に緊急性が高い問題と重要性が高い問題が現れた場合、私たちは緊急性が高い問題に取り掛かってしまうのです。

正直、そのような状況ではいつまで経っても英語力は上がりません。

だからこそ、「英語学習をあらかじめ、日々の習慣に取り込んでおく」ことが大切です。どんなに忙しくても歯は磨きますよね?遅刻しそうだからといって、コンタクトレンズをつけることを辞めたりしますでしょうか?(※メガネをつけるという選択肢はありますが。笑)

とにかく、緊急性は低いけれども、とても重要性の高い英語学習を日々の生活に落とし込むことが大切です。

例:朝、身支度をしている間の10分は、英語のリスニング教材を聴く。

例:湯船を溜めている間の15分は、シャドーイングを行う。

→これらは最初は意識的な取り組みでも、数ヶ月経つと無意識に行動できるようになります

このブログでは、これまでの私の英語学習経験やささやかな英語学習アドバイスを、2分で読める内容でシェアしていきます。

【本日のまとめ】

●英語学習の重要性は高いが、緊急性は低い

●緊急性が高いイベントに左右されないように、あらかじめ生活リズムの一部に英語学習を取り込んでおくことが大切である

コメント

タイトルとURLをコピーしました