TOEIC Part7対策

TOEIC

こんにちは(^_^)

 

本日は最終章、Part7対策ですね。

 

ここまでPart1からPart6まで

お付き合いをいただきありがとうございました。

 

Part7はTOEICのラスボス感がありますよね。笑

 

体力も時間も限られる中

ここを走り抜けられるかが勝負です。

 

では早速いきましょう!

 

 

結論を言います。

 

私はPart7に特化した対策を行なっていません。

※Reading最高スコア:475

 

Part7に特化した対策本も存在しますが

私が行なったことは以下の通りです。

 

・Part5対策を徹底する

・Part3.4対策を徹底する

 

ん?となってしまったと思うので解説します。

 

まずPart7の本質は

「大量の問題を素早く処理すること」です。

 

以前の記事でも述べた通り

時間無制限の場合はかなり高い正答率が出ると思います。

 

TOEICリーディングは

「時間との戦い」なのです。

 

ゆえに私の戦略としては

 

Part5(Part6も)を速やかに終え

Part7に時間をたっぷり残す、というものです。

 

私の理想の時間配分はこれです。

 

Part5.6:20分

Part7   :55分

 

Part5を速やかに終えることで

心理的な余裕も生まれます。

 

なので

Part7で高得点が欲しいのであれば

まずはPart5の対策を徹底するべきなのです。

 

【TOEIC】Part5対策でスコアアップ
TOEICのスコアを上げたい...そのような思いをお持ちの方は、Part5対策がおすすめです。この記事では、Part5対策をするべき理由を3つ解説したいと思います。

 

 

次にPart3.4対策を徹底するについてです。

 

Part3.4対策はリーディング

特にPart7対策には最適なのです。

 

以前の記事で解説したように

Part3.4対策ではシャドーイングをメインに実施します。

 

TOEIC Part3.4対策
こんにちは(^_^) Part1.2と来て 本日はPart3.4対策ですね。 ※3.4は対策は同じなので1つの記事にまとめます 今回も2分で読める内容にまとめますので 最後までお付き合いいただけ...

 

その際に「音読」というトレーニングも挟みますが

この音読トレーニングこそがPart7対策につながります。

 

英語の文章を左から右へ

そのまま理解するトレーニングとして捉えるのです。

 

この際の音読は

どちらかと言うと精読のイメージです。

 

意味がしっかり分からないまま

文章を読み進めることは厳禁です。

 

精読の積み重ねこそが

唯一の「読むスピードを上げる」方法です。

 

 

以上のように

TOEIC900までを目指すのであれば

Part7に特化した対策は必要ないと考えます。

 

もちろん

試験形式に慣れるということ

設問のイメージを掴むという意味で

公式問題集での実践トレーニングはして下さいね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

本日は最終章のPart7対策でした。

 

ここまで見てきて分かるように

TOEIC高得点を取得するためには

「Part3.4.5対策」を徹底することが必要です。

 

これらのPart対策をしっかり行えば

相乗的に他のPartの実力も上がります。

 

これが私がTOEIC対策で1番お伝えしたいことです(^_^)

 

それでは本日はこの辺で失礼します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. Iva より:

    Very shortly this website will be famous among all blog visitors, due to it’s pleasant content

タイトルとURLをコピーしました