共通テスト2021 英語(リーディング)の感想

英語全般

こんばんは(^_^)

 

昨日は共通テスト2021の英語が実施されました。

 

私も問題を解いてみましたが

かなり難化した印象ですね。汗

 

まず、これまで出題されていた

「発音」「文法」の問題が

一切姿を消しておりました…

 

そして大問1-6まで

すべて長文読解という構成でした。

 

そして長文問題に関しては

複数の情報源から解答を導く問題もあり

「うわ〜、大変だな」というのが

私の正直な感想です。

 

まずは受験生のみなさま

本当にお疲れ様でした。

 

あのボリュームの問題を80分で解くのは

なかなか難しいのではないでしょうか?

 

TOEICのPart7を連想してしまいます。。。

 

新高校3年生の方は

今後は「長文読解」をメインにした

受験対策が必要になってくるかと思います。

 

ただ、あくまで長文読解は

「単語」「文法」この2つが対策の原点です。

 

そういう意味で個人的には

文法問題は残して欲しかったなという印象です。

 

加えて

比較的難易度の高い長文読解だけになると

英語に対して苦手意識を持ってしまう学生が

増えてしまうのでは?という懸念もあります。

 

英語はグローバルで生活や仕事をするための

あくまでコミュニケーション手段です。

 

その基礎(単語/文法/発音)を養うために

最適な高校英語教育がなされることを

私は心より願っています(^_^)

 

このブログでは

これまでの私の英語学習経験や

ささやかな英語学習アドバイスを

2分で読める内容でシェアしていきます。

 

【本日のまとめ】

●共通テスト2021 英語(リーディング)では

文法問題や発音問題が一切姿を消し

すべて「長文読解」という構成になった

●すべて「長文読解」になったとは言え

「単語」「文法」という基礎が大切である

コメント

  1. Uta より:

    Hi there i am kavin, its my first time to commenting anywhere, when i
    read this paragraph i thought i could also make comment due to
    this sensible piece of writing.

タイトルとURLをコピーしました